久しぶりにちょっと驚きました!^^;

午前中の提供の際に ヘルパーになって久しぶりに緊張しました。
訪問時 玄関先の電気が点灯したままになっているし 雨戸全てが
しまっています。
インターホーンを鳴らすが 応答なし。 玄関を叩くが応答なし。

一応、事業所から 中の利用者さん宅の固定電話を鳴らして頂く。
その次に 利用者さんの携帯電話にも 着信を・・

雨戸をスライドさせると開き その下のガラス戸も鍵がかかっておらず
開いたために 利用者さんがペットで寝て居られるのを確認できた。

しかし、利用者さん 衣服を着用されておらず バスタオルを巻かれたままで
就寝されていました。
玄関の鍵を開けてくれようと ベットから立ち上がられたら そのまま転倒されて
起きれないと(;'∀')  え???^^;

即、事業所にその旨を連絡して 応援を要請。所長がすぐに行くからと・・
私は、窓から入っても良いかと利用者さんに確認すると 入って欲しいとの事で
入らせてもらいました。 

利用者さんに 身体を少し起こせるか聞くと徐々に起こしてくれ コップ一杯の
冷たいお水を飲んで頂きました。 脱水状態にあられたようで 一気に飲まれました。
少し落ち着かれたので 衣服の場所をお聞きし ショーツとパジャマを着用介助させて
頂き・・もう、一杯のお水もすぐに飲んで下さる。


利用者さんに事情をお聞きすると 昨晩 薬が変わり 飲んだらそこから記憶が無いと
それと 昨晩 尿漏れを起こし そのまま 脱衣所にて 衣服を脱いでそのまま就寝されたよう・・
以前の利用者さんなら このような事 恥ずかしく思われるような方だったのに・・
洗濯も人様にして欲しくない様な感じでしたが 病気が結構 進行されて 
過呼吸の様子もひどくなっておられるし 昨年 病気の為に交代してもらい 先日
急遽  ピンチヒッターで入らせてもらって お久しぶりですね!って 
お声をかけて頂いたのですが その事も もうすっかりと忘れておられて
担当が私に交代なり 訪問させて頂くと また、お久しぶりですね! って
お声をかけて下さいました。 仕方ないですね もうすっかりと忘れておられる様子。



この利用者さんも独居の方です。 
最近、身の回りで色々な事が有り 結構 神経を遣われており 過呼吸もすごく
空気が薄く 息が苦しい様な感じで 凄くしんどそうなんですよ。
静かに休んで頂くしかないのですよ。 うつ状態も進行されておられるし
認知症の病気も進行している様子ですが ご自身では認知症ではないと言われていますし
認知症と言う病気にかかったらどうしょう?って言われています^^;

これから先もいろんな事が起こるでしょうし ごみの収集日も解らなくなられるようで
玄関先まで ふれあい収集を利用されるとの提供内容も変わるし 増えるでしょうね。

少しでも 利用者さんのお気持ちが静かに過ごせますように願っています!
[PR]
Commented by みかん。 at 2014-07-26 00:13 x
お仕事、ご苦労様です。
今日の様な、最高に温度の高い日に、お疲れ様でした。
インターホーンを鳴らしても、応答がないとドキッとしますよね。
独居の方は特に、何がおきても覚悟をして訪問をしなければなりません。
大事に至らず、良かったと思いますが、てきぱきと行動されることに
頭が下がります。
teruさん自身が熱中症になりませんように。

追伸・・南瓜に種類はわかりません。普通のです!
     昨夜はアスパラと一緒に、肉巻きにしました。



Commented by 125teru at 2014-07-26 09:02
みかん。さんへ
おはようございます。
みかんさんもそうでしょうが 以前 数年前までは 独居の利用者さんって
少なかったですが ここ最近 ほとんどが独居の方ばかりになりましたね^^;

いや、みかん。さん ヘルパーになる際に学んだことや 色んな利用者さん訪問の際に
経験した事 それと 事業所内でのメンバーとのミーティングなどで知り得た情報などですね。
でも 何度もこのような状態に遭遇したくはないですね^^;

それと この利用者さん お声かけさせて頂いた際に返答が有りだったのと
少し身体を動かせる様な状態だったので自宅に入らせて頂いた次第で
これが返答無しの場合は、また 状況が変わりますよね。勿論、一番には
事業所に連絡ですが!
自己判断は×ですもんね。

身体へのお気遣いありがとうございます。マイボトル持参して ガブガブです(笑)
特に入浴の後には利用者さんの支度がひと段落した際に 一言 お断りして
お茶飲んでいます(笑)

昨夜のお料理 ご家族様にヒットしましたか?(^-^)
ヒットすると嬉しくなりますもんね!
by 125teru | 2014-07-25 16:20 | ひとりごと | Comments(2)

わたしのひとりごと


by 125teru